お気楽格闘技サークル 草格斗技塾MARS
home > 草格斗技通信 > おーたん「相対的天下一武道会試合レポート」

おーたん 2005.1.12

相対的天下一武道会試合レポート


〈画像は天下一提供のTシャツより 見事な題字はゼミの先生のものです〉

【相対的天下一武道会とは…】

 我が大学柔道部OB、またゼミの先輩でもあり院生でもあるM氏が主催するやらせなし、男のガチンコ勝負を目指したイベントです。
 着用防具はグローブ(オープンフィンガー)とヘッドギアのみです。素人も健康であれば参加可能なので、けが人が続出し、そのことで毎回大学職員と主催者がもめつつ、でもなんとか今年で第二回をむかえる本学園祭目玉イベントの一つです。


体育館に畳を敷き行われる試合風景はまるで、あのマーズの『Teenage Fight』を彷彿とさせました(〃 ̄□ ̄〃)
私は第12試合目、メインイヴェントで戦うことになっていました。
練習もろくに出来ずにいた私に、主催者側は期待を寄せていましたが、正直その期待は不安に変わり重圧となっていました。。。( ̄~ ̄;)
それがおもすぎて‥重すぎて…そのため私としたことが、朝寝坊してしまいました!( ̄▽ ̄;)
これが任された男のプレッシャーかとも思いましたが、しかしこれも自らの使命の責務であると自覚し、気を引き締め『やるぞ!』と いう気合いをいれました。m( ̄^ ̄)m

ですが集合時間に40分ぐらい遅刻しました‥関係者の方には申し訳なかったです(_ _)

相手はアマチュアですがサイズでは私より一回り大きい修斗の選手。同級生で去年体育でバスケットを履修した時一緒に受講しました。普段はサッカー部に在籍しており、特技は講義中の昼寝(たぶん…)で運動神経はお墨付きです。俊敏性に優れ、垂直跳び等計らせたら自分の身長ぐらい飛ぶんじゃないでしょうか(゜O゜;
いつも笑顔な好青年で、皆からハセと呼ばれて親しまれています。

結果はもう既に掲示板に記したように引き分け(ドロー)でした。 内容はこんな感じです、、、

【1ラウンド】
立ち技では圧倒的有利といわれていましたが、なかなか試合感がつかめず持ち味を出すことなく、そのうち両者組合になり崩れるようにグラウンドに
膠着状態のグラウンド、隙をつかれ危なくチョークを取られるところでしたが、意地で逃げました( ̄o ̄;)フゥー…その後、徐々にではありますが感覚を取り戻しましたが、グランドから反撃に転じました。(相手がグランドの技術より、立ち技の練習を重視してきたお陰かな‥^^;)

*インターバルでのこと*
『勝てるよな?大丈夫だよ な??』と先輩など、まわりから何度も聞きますけど‥
試合直前に審判を6〜7試合程連続でやって、10分もないアップの時間、、、そりゃ〜試合前に疲れますよぉ( ̄^ ̄;)

【2ラウンド】
気を引き締めて望んだ2ラウンド、序盤フェイスガードにかするように相手の右がヒット!お面を直している間、追い打ちを狙いに来た所をカウンターで反撃。(的確にヒットしたのはこれくらい、、)その後打撃で追い打ちかけても良かったのですが、グラウンドに持ち込みアームロック!〈ホイスVS桜庭みたいに腕ってこんなに曲がるのかといううぐらい極めました(つもり…)がギヴアップはとれなかった…〉
ウーン、なかなかしぶとい( ̄〜 ̄) 
では今度は腕拉ぎ逆十字!!…あれ〜?ギヴアップしない?
いつもならこれで極まるはずなんだけど、極まってないのかな?どうやったら極められるんだっけな〜…?( ̄〜 ̄;)
などと考えていたら『ラスト十秒!!』の声。
この状態で終わるのはつまらんなあ…と思い、もう最後はマウント状態からパンチ!パンチ!
真横でハセの友達の女の子が『頑張って!頑張って〜!!』って…
なんか気が引けるけど、でもそんなのはお構いなしにパンチパンチ!!
そこで終了の合図がありました。

【総評】
 初めて参加した大学のイベント『相対的天下一武道会』でしたが、私は学校の昼休み、放課後と参加者達と練習、指導を重ねてきました。いま当日の試合のDVDを見ると初心者とは思えない様な動きを出来る方もいれば、試合にならず路上のケンカと大差ないものになっている試合もありました。試合準備や会場整備、練習方法や審判の登用、ルール上の問題など次回に向け解決せねばならぬ事はありますが、今の現代にあの様な貴重な経験が出来る場はないと思います。

今回の試合に関してはドロー(引き分け)でしたが、思っていた以上に相手は私に対して善戦したといえると思います。
悔しい事は、立ち技の実力では遅れを取るわけにはいかない私ですが、残念ながら満足いく打撃のダメージを相手に与えることは出来ませんでした。でも次は容赦しませんヽ(`⌒´メ)ノそしてはっきりした形で勝ちます…

初の総合の試合でしたが、マーズで身につけたグラウンド技術のバックボーンがあってよかったなぁ…と思いました(*^。^*)

天下一後記:ハセは私より格闘技経験自体少ないのに(一年ぐらい)、さらに打撃で勝負をかけようとし、試合中にとても緊張しました。その闘争心は間違いなく強いと思うよ(^-^)v

以上。

草格斗技通信に戻る

トップページへ戻る