お気楽格闘技サークル 草格斗技塾MARS
home > 草格斗技通信 > おーたん「おーたん観戦記〜これでいいのだ♪〜(グローブ空手サイドリポート)」

おーたん 2003.4.29

おーたん観戦記〜これでいいのだ♪〜
(グローブ空手サイドリポート)

まず、あらためておめでとうございます!西野さん!!そしてお疲れさまでした。m(_ _)m まだまだこれから♪共にがんばりましょう♪
 表彰式 トロフィーを手にポーズ
 
当日皆さんとの待ち合わせ時間に寝過ごしてしまった私は(´ヘ`;)、直接会場に向かう事になったわけですが、その間の計量とドクターチェックでひともめあったようです。 体重0.9kgオーバーでパンツ一丁で計量したとか…またドクターチェックでは緊張しすぎて血圧が上がりすぎ、「機械が壊れたのか?」と疑われたりしたそうです。どうやら本人曰くこの時が緊張のピークだったそうで‥何はともあれせめて私が到着する前に終わらず良かった(^_^;)


 会場に足を運ぶのは九回、十回大会以来なので実に二年ぶりぐらいです、今回は第十四回大会なわけですが小学生の部というのができていて、あの位の年からガチガチやらせるのはド〜カナァ‥( ̄▽ ̄;)て思いました。子供達は試合中にほとんど泣いちゃってるし…(T^T) お母さんはこわいしで…もぅ大変。


 さて本日の主役の西野さん、もっと緊張して引きつった笑顔が見れるのを一番の楽しみにしてきたのに…以外と普通でがっかり( ̄~ ̄;) …大体のことは当日掲示板でかきましたが、今思い、また色々見えてくるものを付け加えレポートしていきたいと思います。

●一回戦:斎藤 晶光(國士会・19歳)戦 判定2-1 WIN
開始早々、どーしたんだ西野さん?という感じで右ストレートが何発もヒットします(西野さんの右ストレート)、しかし攻撃がうまくいきすぎたのに驚き、攻めきれない西野さん。当たってるのに…効いているのに〜!!も〜!!Y(`o´)Y  西野さんスタミナが続かなく、ちょっと一休み(-。-)y-゜゜゜ その間冷静を取り戻した斎藤選手は反撃するも単発で次がない。それに救われた形の西野さん!逃げ切り勝ち!!
ワン・ツーでも十分いけた試合だけに倒してほしかったなぁ…

●二回戦:前田裕司(小国ジム・24)戦 判定3ー0 WIN
う〜ん…sunakenさんから試合のレポ頼まれたのはいいんですが、この試合は‥もうケンカなのでなんていったらいいか(⌒o⌒;A 相手の斎藤選手は緊張してか、終始フラフラしてる‥西野さんだってテンパッててもう扇風機状態‥(^_^;) で、その中の数発がクリーンヒットした結果、扇風機の勝ち!!

●三回戦:神津克幸(BUNGYM・15)判定2ー1 WIN
相手は15歳、しかし隣のブロックを勝ち抜いてきた実力を持っていることは確かである。神津選手は小柄ながらヒット&アウェイなスタイル。西野さん、この試合は一番落ち着いてできたんじゃないでしょうか? MARSでのスパーの成果が一番出ていたと思います。距離感がよかった。試合中盤に審判から「お互いもっと攻撃するように」と注意されるも、自分のペースを保つ。相手選手が焦って前に出てきたところを右でとらえ相手選手がよろける。神津選手は55kgもないと思われる、細身の選手。その代わりにスピードあるフットワークはよかったが、武器になるものがみえなかった。なにが狙いだったのかなぁ?

●四回戦:古谷繁明(J-NEYWORK・23)戦  TKO負け
いよいよ優勝に王手がかかるか!?と思われたこの一戦。緊張と気迫が混じり合った西野さん顔、もう冗談をかわしている余裕はなく、遠くを見つめている‥ ( ̄~ ̄)
後から聞いたのだが相手の古谷選手は格闘技をはじめて、なんでも一年くらい‥場慣れしているというか、さすがここまで来た選手。パンチとキックのバランスもまずまず、勢いがありいい感じの選手だ。右ストレートで勝ち抜いてきた西野さん、相手もワンディトーナメントとはいえさすがに研究してきた(当然)、前蹴りでなかなか思う様に懐に入れないところを、カウンター気味のストレートでダウンを取られてしまい、その後相手は倒しに来る。ここ一番の気迫で挽回しようとするが、手が出ずだんだん防戦一方に‥効いてはいなかった様だがスタンディングダウンをとられ一本負けしてしまう。セコンドに着いていたが、最後の試合はレベルの差を悔しながら感じた。そうそう、決勝戦は本戦3分なんですね(^_^;)知らなくて二分十秒前にラスト十秒って声かけちゃいましたよ、最後のダウンを取られたのがラスト2分18秒‥スタミナ切れは私のせいだったりして?(;¬_¬)

決勝戦以外は今までの練習方法やその量で通用しました。しかし決勝戦ではそれが通用しなかった‥だから負けてしまった。結果論的で当たり前のことを言っているようですが、もしさらに強くなろうとするには、少なくとも今まで以上の練習が必要だと認識できたことが、本大会一番の得だったんじゃないでしょうか?
 でも試合後も言いましたが、たとえどんな大会だろうと準優勝は上出来だと思います、ていうか「え?いいの?」ていう感じもするかも( ̄▽ ̄;)いや、でももらったものは俺のもの!俺のものは俺のもの!!て感じで…これでいいのだ!!!


表彰        

草格斗技通信に戻る

トップページへ戻る